読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しましまブログ

甲斐犬と暮らすライター&編集者の日記

writer , editor

WORKS

本年もよろしくお願い申し上げます

f:id:shimashimaoffice:20170201142417j:plain

甲斐犬の虎毛に映える首輪の色って?

f:id:shimashimaoffice:20161215152545j:plain

虎毛に負けない鮮やかな色が意外と似合う

ノースカロライナ州のハンドメイドの首輪、「if it batks マーチンゲールカラー」です。鮮やかな色のリボンが虎毛に映えますね。モデルはもちろん愛犬のジュウザ。このサイズは幅がちょっと太めなので、首が長いボルゾイやアフガン・ハウンドに合いそう。

www.ifitbarks.com

地味な色は首輪をつけてないように見える

ジュウザを迎えて最初に買った首輪は、真っ黒。ついでにリードも真っ黒。10年以上前だから種類が少なかったせいもありますが、地味すぎて問題が……。

ちょっと暗くなると首輪もリードも見えづらくなってしまう。実は通りがかりの人にノーリード(オフリード)と思われて、驚かれたことがあります。暗闇から何も身につけていない甲斐犬が向かってきたら、私も怖い。

安心を派手にアピールすることにした

怖がられるのも、怖がらせるのも、不本意である。楽しく散歩したい。それ以来、首輪もリードも真っ赤にしています。ジュウザは毛色が赤虎なので、ちょうどいい!

と思ったら、メスに間違われるように……。赤は女性の色という印象が一般的なんでしょうね。目立つならいいか、と思って真っ赤にしています。

真っ赤って危険を連想する色かも?

このブログを書いていてふと思ったのですが、赤って危険なイメージもするような。調べてみたら、「危険を連想するカラーランキング」でぶっちぎりの1位でした。やっぱりね!

iro-color.com

安全をアピールしているつもりでしたが、「寄るな危険!」と威嚇していると思われたかもしれません。よし、首輪とリードの色、変えよう。赤にこだわってきたので、次の色を思案中です。

虎毛には鮮やかなほうが似合うと思うから、赤じゃなくても派手な色がいいなぁ。

おまけ

「if it barks マーチンゲールカラー」は、ペット雑誌の撮影に協力していただいた「直輸入ドッググッズ バッドテール」で取り扱っています。ジュウザも着用モデルで登場しています。

badtail.com

Webメディアなどの情報を更新

f:id:shimashimaoffice:20161130135728j:plain

マイナーな甲斐犬のことを語れる日がついに!

愛犬のジュウザは写真のとおり、地味です。エピソードはかなり派手なんですが。いつかどこかで存分に語れたらいいなぁと思っていたら、その願いが叶いました!

私と甲斐犬の出会いや、飼い主さんとペット(CA)の暮らしに役立つことを紹介していきたいと思います。

www.fanimal.jp

雑誌(Magazine)、書籍(Book)の情報も随時更新しています!

一眼レフで犬を撮りたい!

f:id:shimashimaoffice:20160806174525j:plain

EOS KISS X7を買ったけどピントが合わない

黒っぽい犬はカメラのピントが合いにくいそうです。EOS KISS X7を買ったものの、愛犬のジュウザもオートフォーカスで撮れず。虎毛の甲斐犬も難しいのか。赤毛の柴犬みたいに目の位置がはっきりしている犬は大丈夫らしいけど……。

ピントが多少甘くてもシャッターを切りたいんだけどなぁ、という時も撮れず。早々に挫折して、友人に貸したりしていました。

写真教室でカメラマンに教えてもらう

仕事でカメラを使う機会が増えそうなので、思い切ってカメラマンの写真教室へGO! 困ったことはプロに聞くのが一番です。

設定

まずはAFフレームを任意選択に変更。設定を変えるだけでも撮りやすくなるそうです。おお、ちゃんとピントが合う。視線入力に憧れていたけど、EOS KISS X7にはついてなかった……。

アクセサリー

レンズ保護フィルターとレンズフードを追加。レンズキャップを付けずに済み、はずす手間が省けてシャッターチャンスを逃さないんだとか。せっかくなのでCanon純正を通販サイトでポチッ。

構図

犬の体高に合わせて低い位置から撮ること。初心者は被写体を真ん中にする日の丸構図にしがちなので、左右に寄せるといった変化をつけるとよいそう。ジュウザを撮るなら真ん中でもいいけど、仕事で使うときのために覚えておこう。

一眼レフでかっこよく撮れた……けど

そして、やっと撮れました! ジュウザの目にばっちりピントが合って背景がボケている。これだけでなんかうれしい。黒っぽい虎毛の犬でも大丈夫ですね。

ちょっと困っているのは、ファインダーをのぞいて撮るとき。私は白内障のため、左目が単焦点の眼内レンズ。特定の位置でしかピントが合わず、被写体が見えづらい。右目は自前だけど近視のうえ、カメラを構えたときに違和感がある。

うーん、次の問題は目のピントかな? しばらくは液晶モニターを見ながら撮ろうと思います。

書籍

 

はじめての柴犬との暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ)

はじめての柴犬との暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ)

 

*編集・原稿:犬種標準、暮らしのコツ、困った対策、健康チェックなど 

 

はじめてのプードルとの暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ)

はじめてのプードルとの暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ)

 

 *編集・原稿:犬種標準、暮らしのコツ、困った対策、健康チェックなど 

 

イヌの看取りガイド

イヌの看取りガイド

 

 *編集協力

 

ネコの看取りガイド

ネコの看取りガイド

 

  *編集協力

 

ネコのキモチ解剖図鑑

ネコのキモチ解剖図鑑

 

  *編集協力

 

インコにモテモテ 言葉と気持ちまるわかりブック

インコにモテモテ 言葉と気持ちまるわかりブック

 

  *編集協力